クリティアのウォーターサーバー

それではまず、クリティアで使用されているウォーターサーバーについて具体的に紹介します。クリティアのウォーターサーバーの特徴となっている点には大きく2つあります。1つ目は「ウォーターボトルホルダー」、そしてもう1つは「タンク構造」です。この2つのポイントはクリティアが特許を取得している技術ということもあり、他のウォーターサーバーには見られない仕組みとなっています。それでは、それぞれがどのような意味を持っているのかについて簡単に紹介します。

まずはウォーターボトルホルダーについてです。ここに専用のウォーターボトルを挿入することによって、水が使用できる状態になります。最初のページで紹介したとおり、クリティアのウォーターボトルはそれ自体が特殊な形状をしているものであるため、ウォーターサーバーにおいてもそれに適したホルダーが必要になります。安全性が高く、水の鮮度が保てるのがクリティアのサーバーのウォーターボトルホルダーの特徴です。

タンク構造については、水の劣化を防ぐための構造が取られています。外気を遮断することによって劣化を防ぎ、安全・安心なままクリティアの水が使い切れるような構造となっています。