クリティアの内製化のメリット

それでは次に、クリティアの内製化についても紹介します。クリティアではボトルの製造において、原料からプリフォームまでは外部メーカーに委託しているものの、その後の容器化、製品化についてはクリティアで行う形となっています。このように、一部内製化を進めることによって、どのようなメリットが得られるようになっているのでしょうか。

クリティアが内製化を行うことによって、まずは「輸送コスト」の削減が行えるようになっています。前述の通り、外部委託したメーカーから輸送されてくるのは「プリフォーム」と呼ばれる原型の状態です。このプリフォームは小さい物であるため、輸送コストを削減することができるようになっています。さらに、成形自体をクリティアが行うようにしていることによって、ボトル開発が自社で行えるようになり、原料の節約のための研究を進めることができるようになっているのもメリットの一つです。

この他にも、クリティアが独自の基準によるチェックを行っているために、不良容器を排除することができ、安心して利用できるようになるというメリットもあります。このように、クリティアが自社でボトルを製造していることには多くのメリットが存在しています。